熟年離婚と生命保険について

熟年離婚と生命保険のこと

離婚した場合、生命保険の種類によって財産分割できると話す弁護士

 

 

熟年離婚の際に、生命保険も財産分割の対象となるものもあります。

 

長期間契約しているのにもかかわらず、忘れそうになってしまうものの一つですが、とても大切なものです。

 

ただ、生命保険って、1度聞いただけでは保険の内容が分からないことが多いものですよね。

 

実際には、保険の内容を分かっていない方が多いようです。

 

でも、資産と見なされる可能性がある以上は、保険証書で内容をよく確認しておきたいものですよね。

 

では、生命保険について見てみましょう。

 

まずは、保険料が掛け捨てタイプの保険です。

 

この場合は、財産分割の対象にはなりません。

 

そして、今までかけてきた生命保険が満期になっていない場合には、解約返戻金があります。

 

この金額を財産として受け取ることが出来ます。

 

もちろん、離婚後も生命保険に加入し置きたい場合には、生命保険自体を解約する必要はありません。

 

資産を計算したい場合に、参考にしてみてください。

 

ただ、生命保険を続ける場合には、保険の受取名義人をきちんと確認しておきましょう。

 

生命保険の受取人が相手の名前になってしまっている方も、少なくないでしょう。

 

受取名義人を変更しておかなければ、何かあった時に保険金を受け取れなくなってしまいます。

 

受取人を自分に親戚や子供に変更しておくと良いかも知れませんね。

 

このように、熟年離婚は、今まで共有してきたものも多くなりますよね。

 

財産分割の際には、何が資産になるのか、どのように分割するのかを相手ときちんと話し合う必要があります。

 

普段ノータッチでも、保険の知識は、ある程度持っておいた方が便利ですね。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚と生命保険関連エントリー