介護の疲れが原因で熟年離婚について

介護の疲れが原因で熟年離婚のこと

介護疲れで妻が離婚を言い出すケースが増えていると話す弁護士

 

 

私たちは、いつまでも若いままいられる訳ではありません。

 

誰にでも、いつかは、介護が必要な年齢、誰かを介護しなければならない時が来るのです。

 

実は、熟年離婚の原因には、介護もあるようです。

 

特に専業主婦の方の場合には、普段の家事に加えて、介護を行わなければならないことも多いでしょう。

 

「一日中家にいるのなら、それくらい。」なんて思う方もいるかも知れません。

 

でも、介護は、経験したことのある人でないと、なかなかその苦労は分からないものです。

 

思った以上に、体力も、精神力も消費してしまうものです。

 

これは、自分の親であっても同じことです。

 

なので、1人だけに負担がいかないように、上手く家族で役割分担を考えることも大切です。

 

あるいは、それが難しい場合には、介護施設の利用を考えることも一つの手段です。

 

中には、介護施設の利用を良いふうに考えない方もいるかも知れません。

 

でも、介護の苦しみが一人にかかってしまうことで、耐えられないくらいのストレスになってしまうこともあります。

 

このストレスの爆発が、離婚に繋がるケースも多いのです。

 

「家のことは、何でも専業主婦だけに。」と言うのではなく、家族みんなで協力し合うことが夫婦の仲を保つ上でも大切です。

 

そして、どんな時も、決して感謝の気持ちを持つことです。

 

労りの気持ち、心遣いがあるだけでも、妻に気持ちは、だいぶ落ち着くかと思いますよ。

 

せっかく今まで何事もなく円満な夫婦生活を送ってきたにもかかわらず、介護のために離婚はとても悲しいことですよね。

 

きっと介護してもらう方にとっても、耐えがたいことでしょう。

 

妻が熟年離婚を選らんでも、結局は、姑は仕方ない気持ちで介護施設に入居することでしょう。

 

家族みんなして嫌な気持ちになってしまうくらいならば、最初から家族みんなが思いやりの気持ちを持って、介護を協力して行うのが良いですよね。

 

夫も、「ただ仕事だけして収入さえ確保すれば良い。」と言うのではなく、出来る範囲でサポートしてあげてくださいね。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

介護の疲れが原因で熟年離婚関連エントリー