年金制度改正と熟年離婚について

年金制度改正と熟年離婚のこと

2007年4月に厚生年金分割制度が実施されるまでは、熟年離婚する専業主婦は不利なものでした。

 

今まで専業主婦だっただけに、社会経験もなく、年齢的にも、経験的にも、新しい仕事を探すのは難しいものでした。

 

その上、当てにしていた年金も少なく、苦しい生活を送らざるを得ませんでした。

 

この問題を改善するために、年金制度が見直されたのです。

 

今では、熟年離婚した後も、安心して老後を送れるようになりました。

 

ただ、熟年離婚を考えている方の中には、この制度を分かっていない方もいます。

 

このような方は、我慢して結婚生活を続けてしまうかも知れません。

 

あるいは、新しい就職を探したり、少ない年金で老後を過ごす羽目になってしまいます。

 

確かに、年金制度は、複雑で難しいものですよね。

 

でも、申請しないと貰えないものも、知らないと損なものもたくさんあります。

 

せめて、何か問題があるたびに、自分に関係ありそうなシステムの部分だけでも、勉強しておくのが良いでしょう。

 

年金分割制度と言うのは、熟年離婚した妻が、夫の支払ってきた厚生年金を分割して受け取ることのできるものです。

 

この最高金額は、全額の2分の1までなんです。

 

この制度が制定されてから離婚が成立したのであれば、離婚前の厚生年金を分割してもらえます。

 

また、2008年4月にも、また新たな制度が設けられました。

 

離婚してから、夫や裁判所の同意なく、厚生年金の半分が自動的に妻に分割されるのです。

 

熟年離婚後に夫が亡くなった場合にも、妻は、今まで通り年金を受け取ることが出来ます。

 

この制度を知っていれば、熟年離婚後も豊かな生活が期待できますが、知らないと悲惨ですよね。

 

年金制度に関することは、知っていて損はないと思いますよ。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

年金制度改正と熟年離婚関連エントリー