家庭環境による熟年離婚について

家庭環境による熟年離婚のこと

結婚しても相手の親との関係が悪くなり離婚する夫婦が増えていると話す弁護士

 

 

結婚する時は、相手の家族との関係はとても大切なものです。

 

「相手の両親とも、円満な関係でいたい。」

 

そう思う方は、きっと多いはずです。

 

ところが、結婚は、自分と相手の家族との関係だけでなく、相手と相手の家族との関係も重要なんですね。

 

中には、結婚しても、何かと相手の親が干渉して、相手が親離れ出来ていないこともあります。

 

こんなことが、熟年までの嫌な思い出となって、離婚に踏み切る方もいます。

 

しかも、相手の親が健在である時に限らず、年を取っていつ亡くなってもおかしくない状況になったときこそ、不愉快さは増してきます。

 

相手の親が無くなった時に、今度は、その不愉快な感情が、相手に行ってしまうこともあるようです。

 

相手の親に干渉されるだけでなく、冷たくされていたのだとすれば、余計に大変かも知れませんね。

 

介護をしたくないと考え、熟年離婚を考えることもあるでしょう。

 

結婚生活では、自分たちだけが愛し合っていれば良いと言うものでもありません。

 

相手の家族との関係も、大切になってきます。

 

親でなくとも、連れ子のいるバツイチの相手と結婚した時に、連れ子との関係が上手くいかないケースもあります。

 

連れ子が小さい頃は、特に悪く思わなくても、連れ子が大人になってから問題が発生することもあります。

 

あるいは、実子と連れ子の関係が上手くいかないこともあり得ます。

 

当人同士は良いと感じても、やはり、結婚を決める段階から、自分以外の周りにも目を向けて見ることが大切ですね。

 

結婚する時は、愛情に流されてしまいがちですが。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

家庭環境による熟年離婚関連エントリー