厚生年金分割制度と熟年離婚について

厚生年金分割制度と熟年離婚のこと

熟年離婚すると厚生年金も半分ずつ分けるようになると話す弁護士

 

 

離婚の際には、厚生年金分割制度と言うものがあります。

 

この制度は、まだ新しいものなのですが、夫婦の中で収入が多い方が、収入の少ない方に年金を分割すると言うものです。

 

実は、この制度が出来たことによって、熟年離婚がしやすい状況になってしまったとも言えるんです。

 

厚生年金制度が出来るまでは、老後の生活への不安からなかなか熟年離婚に踏み切れない専業主婦も多かったようです。

 

特に専業主婦の場合は、離婚して働こうにも、年齢と社会経験を考えると、難しいものです。

 

経済面を理由に我慢して結婚生活を送る必要が無くなったのです。

 

しかも、最近では、若い方も、熟年夫婦にしても、あまり離婚を恥ずかしいことのように思わなくなっています。

 

とは言え、責任感のある方の場合は、子供のために離婚をしないと言う方もいます。

 

子供が自立してしまえば、あとは、お互いの同意さえあれば、離婚しても良いと考えてしまうのでしょう。

 

この厚生年金分割制度を利用した熟年離婚は、2007年4月から急増したようです。

 

ただ、ここで気を付けたいのは、夫の年金の種類が何であるかと言うことです。

 

厚生年金分割制度の対象となるのが、厚生年金だけなのです。

 

自営業の方の場合は、国民年金なので対象外となります。

 

それから、離婚に踏み切る前に、年金を受給できる年齢かどうかも確認する必要があります。

 

年齢差のある夫婦の場合には、年金の支給が受けられる時期にもズレが生じてしまいます。

 

今まで共にしてきた夫婦生活に終止符を打ってしまうのは残念なことですが、辛いのを我慢しても楽しい老後生活は送れません。

 

熟年離婚に踏み切る際には、この厚生年金分割制度の存在を覚えておくと便利です。

 

もちろん、離婚するに当たって、自分で生活していける力を付けていくことも大切ですけれどもね。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

厚生年金分割制度と熟年離婚関連エントリー