熟年離婚者の年金計算について

熟年離婚者の年金計算のこと

年金分割制度は、熟年離婚した専業主婦の生活を救済するための制度のように感じるかも知れません。

 

ところが、それだけではないんですね。

 

共働きの場合にも、役に立つものです。

 

夫婦で厚生年金を納めているとすれば、将来、それぞれに年金が支払われる訳ですよね。

 

この場合は、夫の分だけではなく、妻のかけた厚生年金の金額を考慮しながら、貰える金額を計算する必要があります。

 

中には、共働きで妻の収入が高いケースも考えられます。

 

「仕事が忙しくて、調べる時間が無い。」なんて言っていると、後々損することにもなりかねません。

 

後悔しないためにも、離婚の際に、きちんと調べておきましょう。

 

実は、年金も、専門家に相談することが出来ますよ。

 

自分の労力を費やすだけ費やしても、正しい判断が出来ない場合もあります。

 

なので、専門家に任せておくと、自分の労力を減らすだけでなく、正しく金額を出してもらうことが出来るはずです。

 

当たり前ですが、共働きの場合には、自分のかけていた厚生年金があるため、分割される金額は、専業主婦に比べて少なくなります。

 

とは言え、受給できる年金総額は、専業主婦よりも確実に多くなります。

 

熟年離婚の場合は、老後の生活も近い訳です。

 

自分の年金額をしっかりと把握して、正しい金額の年金をもらいましょう。

 

また、年金の知識は、熟年離婚に限らず、その他の面でも大いに役立ちます。

 

老後は、いつかは経験するもので、必ず自分に関係するものですから。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚者の年金計算関連エントリー