熟年離婚の裁判について

熟年離婚の裁判のこと

熟年離婚で裁判まで発展するケースが急増していると離す弁護士

 

 

最近では、熟年離婚に踏み切る夫婦が増えています。

 

今までの夫婦生活に嫌気がさしてきた方にとっては、新しい人生への期待も大きいことでしょうね。

 

ただ、そこまでには、実は、道のりは長いものなんです。

 

テレビでも、芸能人の離婚裁判が話題になっていたりしますよね。

 

このように、離婚を希望する全ての人が、離婚を決めた時に直ぐに離婚できてしまう訳ではないのです。

 

熟年離婚までには、長い裁判の可能性もあるのです。

 

なかなか話がまとまらない例も、数多くあるようですよ。

 

やはり、相手と共有してきた時間もあるだけに、お互い話し合いが必要になるからでしょう。

 

特に慰謝料、財産分与、養育費などの金銭面は、今後の新しい生活のためには、大切な話し合いです。

 

しかも、今まで夫婦で共有してきたものもたくさんありますし、まとまりにくいことが多いのです。

 

離婚には、調停離婚や審判離婚があるのですが、これらの意味は分かりますか?

 

まず、調停離婚は、調停委員を交えて、夫婦間の話し合いを行うものです。

 

話し合いを進めた結果、最終的に離婚を決めるのは、当事者である夫婦です。

 

一方、審判離婚は、証拠をもとに夫婦の事情を調べて、裁判官が離婚を決めるものです。

 

離婚は、お互いに気持ちの良いものではありません。

 

離婚を考えるだけでも、ストレスがたまるのに、裁判まで行って長引いてしまうと、ますますストレスになりそうですね。

 

熟年離婚だと、なおさら相談事も多いでしょうし。

 

なので、熟年離婚を考えている方は、離婚まで長い道のりがあることを知り、精神的なリスクを背負っても離婚を希望するのかどうかを考える必要があります。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚の裁判関連エントリー