熟年離婚と性格の不一致について

熟年離婚と性格の不一致のこと

性格の不一致が原因で協議離婚する熟年夫婦が増えていると話す弁護士

 

 

熟年離婚には、色々な原因がありますよね。

 

でも、相手と長い付き合いを重ねていくと、安心感だけではなく、様々な欠点が見えてくる場合も多いものです。

 

体調、精神的な病、認知症などの病気もそうですが、老後に向かうにつれて、お互いの気持ちに変化が出てくることもあるでしょう。

 

そもそも、結婚生活は、今まで違う生活環境で育ってきた男女が、生活を共にすることです。

 

結婚したばかりの頃にも、性格の不一致を感じても、愛情や子供への想いから上手く受け流すことが出来たかも知れません。

 

それが暫く積み重なっていくうちに、嫌になってしまうこともあるようです。

 

熟年離婚は、このような気持ちの変化から起こるものです。

 

今まで信頼していたのに、裏切られたと感じることもあるでしょう。

 

相手への愛情が無くなってしまうこともあるでしょう。

 

あるいは、年齢とともに、考え方や性格が変わる人もいるはずです。

 

相手への愛情が無くなれば、今まで何とも感じなかった欠点も、やたら気になってしまうのです。

 

また、これから老後を迎えようと言う時に、考え方が違うのは、辛い気持ちになりますよね。

 

だって、夫が定年退職すれば、2人で過ごす時間も長いのですから。

 

若い時の「何とかなるでしょう。」と言う気持ちとは違うのです。

 

中には、今まで頼りにしてきた相手の考え方や行動を、ある時突然「強引な奴」と思うこともあるかも知れません。

 

そう思った時には、熟年離婚の可能性は高まります。

 

いや、このまま我慢して老後を迎えたにしても、毎日ストレスがたまってしまうでしょう。

 

自分の気持ちを抑えるのは難しことですが、お互いに話し合える関係でいられると良いですよね。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚と性格の不一致関連エントリー