夫・妻が失踪による熟年離婚について

夫・妻が失踪による熟年離婚のこと

妻・夫が突然失踪した場合は離婚の理由になると話す弁護士

 

 

「突然、配偶者が失踪した。」

 

こんなニュースのようなことも、たまにあるようです。

 

何らかの事故に巻き込まれて、家族に連絡も取れない状況であるのならば、仕方のないことです。

 

でも、何の連絡もせずに失踪してしまうのは、残された側としては、どうしたら良いのか分からなくなりますよね。

 

相手に裏切られたと言う気持ちも、半端ないものでしょう。

 

この配偶者の失踪は、熟年離婚の理由になることがあります。

 

やはり、残された側としても、「裏切られた。」などと悲しんでいる場合ではありません。

 

もしかしたら、相手が一方的に自分の元を去ってしまったと言うこともあり得ます。

 

この場合には、今後の生活について考えていく必要があります。

 

ちなみに、相手が失踪してしまった時は、全ての場合において、「離婚届も書いていないから、ずっと離婚が成立しない。」と言う訳ではありません。

 

民法では、3年以上相手の生死が確認できない場合には、離婚が成立するようです。

 

ただ、中には、夫が熟年離婚を望むものの、妻が離婚に応じない場合もあるでしょう。

 

この場合に、夫が故意に失踪したとしても、妻は生活費を請求できるようです。

 

逆に、妻も、夫同様に熟年離婚を望むのであれば、離婚を請求することも出来ます。

 

この他、事故に関しても、失踪宣告制度を上手く利用すれば、相手が死亡したのと同じような扱いにすることも出来ます。

 

相手がある日突然消えてしまうと言うのは、悲しいことですが、「相手に愛情がない。」、「自分も新しい生活を望んでいる。」などのような場合には、一刻も早く新しい生活に移れるよう準備を進めて言った方が良いでしょう。

 

そのためには、やはり、失踪宣告制度に関する知識を付けておくことが大切ですね。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

夫・妻が失踪による熟年離婚関連エントリー