借金が原因で熟年離婚について

借金が原因で熟年離婚のこと

借金が原因で熟年離婚する夫婦が増えていると話す弁護士

 

 

お金は、たくさんあるうちは困らないのですが、無くなってしまうと、縁さえも奪ってしまうこともあります。

 

熟年離婚の中でも、借金を原因とするものも、かなり多いようです。

 

どんな状況でも、夫婦仲良くいられるのがベストですが、さすがに、お金の問題があると、そうもいかないですよね。

 

これからの生活が不安になってしまいます。

 

「ギャンブルにはまっている。」

 

「お金もないのに、金遣いが荒い。」

 

「職を失って、半端ない借金がある。」

 

職が無かったり、多額の借金を負っていたり、これでは、今後良い生活が期待できないですよね。

 

とは言っても、熟年離婚は、ショックも大きいことでしょうね。

 

今まで一緒に過ぎしてきた配偶者とは、老後まで一緒に歩むことが出来なくなってしまいますから。

 

しかも、配偶者を失って老後を過ごすと言うのも、心細いものですよね。

 

そう思っても、やはり、返済の目途の立たない借金を負ってしまった配偶者と一緒では、豊かな老後を送ることも難しいでしょう。

 

相手に想いがあるとしても、自分の将来を考えて熟年離婚に踏み切る方も多いでしょう。

 

ちなみに、借金も、ちゃんとした離婚の原因となります。

 

若い時の借金なら、「これから2人で協力して稼げば大丈夫。」なんて言っていられるかも知れませんが、定年近くなると、そうもいきません。

 

「これから年金生活だと言うのに、どうやって借金を返していけば良いのだろう。」

 

そればかりになってしまいます。

 

お金のために配偶者を失ってしまうと言うのも悲しいことなので、出来れば、若い時から金銭感覚はしっかりして、将来に備えておきたいものですね。

 

お金は、いくらあっても足りないことはないものですから。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

借金が原因で熟年離婚関連エントリー