熟年離婚と退職金の財産分与について

熟年離婚と退職金の財産分与のこと

熟年離婚すると夫の退職金も妻が半分受け取れると説明する弁護士

 

 

熟年離婚の際に、夫の退職金を当てにする妻もいるようです。

 

確かに、この退職金も、とても大切なものですよね。

 

例えば、まだ家のローンが残っているとすると、退職金をそれに充ててしまうこともあるでしょう。

 

この場合は、家が財産分与の対象となることがあるようです。

 

今まで専業主婦として生活してきた妻の場合は、特にいかに損のない財産分与になるかを真剣に考えている方が多いようです。

 

家事や育児などの主婦の仕事は、決して収入になるものではありません。

 

でも、今まで夫のためにしてきた仕事には、間違いありません。

 

それを当たり前のように考えている夫もいるでしょう。

 

これは、妻としても、とても不愉快になりますよね。

 

お金を持ってくるだけが、偉い訳ではありません。

 

それを支える側も、偉いのです。

 

なので、夫が仕事をやめて気楽に過ごすと言うのならば、自分も気楽に過ごしたいと思うのでしょう。

 

この気持ちが酷くなると、熟年離婚に踏み切ることになります。

 

ここで、夫が職場から最後に貰う退職金は、2人で半分ずつ分け合うものを考えるでしょう。

 

この退職金を当てにして、熟年離婚を考える方もいそうなものですね。

 

妻がそこまで考えていたら、怖いものですよね。

 

今まで夫婦として支え合ってきても、熟年離婚をすれば、身内ではなくなってしまうのです。

 

許しあえる関係ではないので、必ず弁護士を依頼して、細かい部分まできちんと取り決めを行った方が良いでしょう。

 

公正証書を作ったり、子供の親権を決めたり、養育費をどのようにするかを決めたりなどをするのですが、決めたこともしっかり証拠として残しておきましょう。

 

でないと、離婚してから、相手が音信不通になる可能性も無いとは言えません。

 

約束を破るケースも考えられます。

 

最後まで抜かりなく手続きを進めましょう。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚と退職金の財産分与関連エントリー