熟年離婚の調停離婚について

熟年離婚の調停離婚のこと

離婚は、かなりの体力、精神力を消耗します。

 

これは、若い人に限らず、熟年離婚を考えている方も同じです。

 

お互いに合意していれば、事が簡単に進むかと思いきや、それでも、必ず離婚後に新しく変わることもあり、とまどってしまいます。

 

家を出ていく側だと、引っ越しもあるでしょう。

 

今まで配偶者の姓を名乗っていた方は、苗字も変える必要があります。

 

また、相手が離婚に応じないこともあり得ます。

 

この場合は、家庭裁判所の調停委員が夫婦の話し合いを進めていきます。

 

お互いの妥協点、言い分などを聞いて、調停案を示したりして、最終的には、夫婦間で離婚を決めます。

 

この調停離婚で、離婚話し合いがまとまらなければ、裁判官による審判で離婚すべきかどうかを決めます。

 

特に熟年離婚でもめやすいのが、財産や慰謝料です。

 

長い期間婚姻生活を送ってきただけに、共有してきた財産も多く、なかなかちょっとした話し合いではお互いに納得が出来ないものなのです。

 

でも、あまりに調停や裁判が長引いてしまうと、精神的にも、身体的にも苦しものですよね。

 

離婚って、簡単に新しい生活が出来るかのように思えますが、実は、そうではないのです。

 

調停や裁判以外にも、住所や苗字の変更、新生活の準備、財産や慰謝料の決定や受け取りなども行わなくてはなりません。

 

だからと言って、途中で諦めてしまっては、楽しみな新生活も遠のいてしまいます。

 

熟年離婚を考える場合には、どんなふうに離婚が行われるのか、どんな準備が必要になるのか、知識を付けることが重要です。

 

「こんなに大変なものなの?」と、その時になってから気付くのでは、余計に複雑な気持ちになってしまうでしょう。

 

心の準備と言う意味でも、事前に下調べしておきましょう。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚の調停離婚関連エントリー