熟年離婚での財産分与について

熟年離婚での財産分与のこと

熟年離婚は財産分与で揉める事が多いと話す弁護士

 

 

お金って、何かと揉め事になりやすいものですよね。

 

財産分与は、どんな時でも、揉めるものですが、熟年離婚だとますます揉める確率は高いものです。

 

誰でも、貰えるものは貰いたいでしょう。

 

それに、熟年離婚は、これまでの夫婦生活も長いですよね。

 

2人のものとして共有してきたものも、その分たくさんあるからこそ、余計に揉めてしまいます。

 

家、貯金なども、そうですよね。

 

中には、離婚調停のうちに、わざと財産を処分してしまう方もいますので、離婚調停前には、必ず「処分禁止の仮処分」を行っておきましょう。

 

こうすれば、相手による土地や建物などの売却も、阻止することが出来ます。

 

ところで、熟年離婚の際の財産分与には、弁護士は必要なのでしょうか?

 

費用を節約するためには、自身で申請するのも有りなのですが、該当者同士で問題を解決するのは大変なことです。

 

時には、自分に不利なようにされてしまうかも知れません。

 

そうでなくとも、相手に情が出てしまって、自分を不利にしてしまうこともあり得ます。

 

離婚する以上は、これからの生活も大切なので、財産分与に妥協は良くありません。

 

それに離婚するだけでも、かなり体力や精神力を消費するのに、自身で下調べをして財産分与に必要な書類を揃えるのも、疲れてしまいます。

 

お互いにとって公平な結果を出すためにも、弁護士に依頼することをお勧めします。

 

お互いにきちんとした話し合いが出来るのであれば、当事者同士で話し合っても良いのですが、話し合いが難しそうな場合には、必ず弁護士を依頼しましょう。

 

これを考えると、熟年離婚も、それなりの覚悟が必要ですね。

 



離婚

「女性専用」 スムーズな話し合いで、夫と離婚した場合


離婚解決

離婚調停で勝つ為の戦略


離婚調停を有利にする

賢く、合法的に養育費を多く貰う方法


養育費

熟年離婚での財産分与関連エントリー